ダイバー
ダイバー3人

恩納村にある万座ドリームホール

魚

青の洞窟でダイビングをしました

ダイビング中

ニューカレドニアでのダイビング

イソギンチャク

初心者の注意点・心構え

体験ダイビングを楽しむための準備

沖縄の体験ダイビングをする際、酸素ボンベやウェットスーツなどはレンタルできます。必ずいるものは基本的に着替えとタオル、サンダル、水着になります。
タオルは、ダイビング後濡れた体を拭くために使います。また水着で現地に行った後、濡れた水着のまま帰ることは出来ないので着替えが必要です。水着はウェットスーツを直に着用すると清潔感がなく着心地が悪くなり落ち着かないので、スーツの下に着ます。その際男性なら、ウェットスーツを着やすい身体にフィットした水着が好ましいです。トランクスタイプは履きにくく、股辺りが動かしにくくなります。女性は上下セパレートタイプの水着の方が、トイレに行く時スーツを腰まで下ろすだけでOKです。ワンピースタイプだとスーツを全て脱ぐ必要があるので不便です。サンダルは水に濡れる可能性があるので、ヒールのない歩きやすいものにしましょう。
ダイビングをする場所や天候にもよりますが、夏や日差しが強い日は日焼け止めやラッシュガードを、逆に気温の低い時はウインドブレーカーなど寒さ対策が出きるものを持っていっておいた方が良いでしょう。さらに酔い止めの薬も用意しておくと便利です。船で潜る場所まで行く場合の船酔いや、沖縄のダイビング中に波に揺られ波酔いになるおそれがあるので、日頃酔いやすい方は事前に飲んでおいてください。
このように沖縄のダイビングを楽しむためにも事前準備はしっかりしておきましょう。

ダイビングをする前に準備することについて

綺麗な海へ行くなら、カラフルなお魚と一緒に泳いだりサンゴを間近で見たり、自然の神秘を感じたいですよね。沖縄の有名なダイビングスポットでは、マンタやウミガメ、クジラを見られるかもしれません。何度行っても違った光景に出会えるので、一度行くとハマってしまう方も多いです。
しかしダイビングを始めるにあたって、最初は抵抗があるかもしれません。そんなときは、まずは体験のダイビングに参加してみてはいかがでしょうか。沖縄の季節や地域によって様々ですが、だいたいは、水着、ビーチサンダル、タオル、着替えを持参すれば参加出来ます。日差しが気になる季節には日焼け止めとラッシュガードを用意したり、寒いときにはウインドブレーカーなど寒さ対策をすると良いでしょう。
ジェルネイルは爪を守るのに役立ちますが、短めにして、引っかかりがないデザインにしておきましょう。付け爪や自爪が長いとウエットスーツを着るときに邪魔になるので、短くしておくといいでしょう。ネックレスなどのアクセサリーは、なくしてしまうと見つかる可能性はほぼないので、はずしておきましょう。
基本的には海の中なので顔が濡れてしまいます。水中マスクはしていますが、メイクはよれますしマスカラが目に入って痛くなります。メイクは落として参加するといいでしょう。
沖縄の綺麗な海へ行くのなら、気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ダイビングの費用について

沖縄のダイビングの費用は、コースによって様々です。最初に始められるのは、体験ダイビングとオープンウォーター・ダイバーコースがあります。 体験ダイビングは、ライセンスを取得する前の誰もが参加出来るダイビングです。午前か午後の半日と、お昼を挟む1日のコースがあります。ダイビングの基礎知識を教えてもらい、浅瀬で練習をします。海には40分程度潜り、休憩をして2本潜るコースが多いです。
費用は10,000円~15,000円ほどで、昼食代は別にかかります。しかし、沖縄のダイビングに必要な費用は全て含まれています。
オープンウォーター・ダイバーコースは、最初に手にするライセンスの取得が出来るコースです。取得するには3~4日必要になります。学科講習と、水中での基本練習と、実際に海に潜っての講習を行います。全て修了するとライセンスの申請を行い、後日ダイバーとしての認定証が届きます。費用は65,000円~80,000円ほどです。数日かかるので、食事代・交通費・宿泊費などがさらに必要になります。お店によってかかる費用は様々です。
その他のコースでは、さらに深く潜るためのライセンスを取得するコースがあります。深く潜れるようになると、色々な沖縄のダイビングスポットに行けます。ぜひ取得して、更にダイビングを楽しみましょう。

沖縄でダイビングをする前に準備する事

沖縄に来ると海がすごく綺麗なので早くダイビングをしたいという気持ちが強くなります。しかし事前に準備しておかなければいけない事もあるのでしっかり把握しておく必要があります。準備をしていないと、実際にダイビングをしている時に事故を起こしてしまう事もあるので注意が必要です。そこで沖縄でダイビングをする前の準備する事を確認していきましょう。 まず前日は睡眠をしっかり取りましょう。ダイビングは海の中に潜る事になるので、予想しているよりも体力が消耗します。特に寝不足で体調不良になっていると海に潜っている時に体に支障が出てしまう可能性があります。ダイビングをする時は体調を整えておく事が大切になってくるので、前日は睡眠をしっかり取るようにしましょう。 次は耳抜きが出来るようにしておくということです。ダイビングをしている時は気圧の影響で耳が詰まりやすくなってしまいます。鼻をつまんで耳抜きする事になりますが、急にやると出来ない事もあるので事前に練習しておく必要があります。ダイビングをする前に耳抜きが出来るように準備しておきましょう。沖縄でダイビングをする前の準備する事はこのようにあるので、しっかり頭に入れてからダイビングをして楽しみましょう。またダイビングをする時は危険な場面も出てくるので注意するようにしましょう。

TOPICS

魚

青の洞窟でダイビングをしました

数年前のことですが、新婚旅行で沖縄に行き青の洞窟でダイビングをしました。ダイビングは初心者だっ…

MORE

ダイビング中

ニューカレドニアでのダイビング

海外でダイビングをする場所を迷っているなら、ニューカレドニアがおすすめです。天国に一番近い島と…

MORE

イソギンチャク

初心者の注意点・心構え

初心者はガイドを頼りに沖縄のダイビングすると思います。しかし自分で自身の安全には気を付けなくて…

MORE

PICK UP

ダイバー3人

恩納村にある万座ドリームホール

沖縄といえばきれいな海です。きれいな海でのダイビングは本当に絶景で見ごたえたっぷりです。有名なダイビングスポットに万座ドリームホールというところがあります。恩納村にある万座ドリームホール…